CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

やりたくない事をやめる勇気をもつこと

「やめる事はやる事と同じくらい大切」

自分を大切にする為にとても大切で、でも後回しにされがちなのが

「やりたくない事をやめる」と言うことです。

なぜ後回しにするのかというと、単純に難しいからです。

やりたくない事はやめるという選択肢を

選ぶにはとても大きな決心が必要なのです。

 

実はやりたい事を始めるよりも、

やりたくない事をやめる方がとてもエネルギーがいります。

やりたくないのにやっているという事は、

誰かに頼まれたり、仕事だったり、家族のことだったり、

それなりの理由があったり、第三者が関わっていることが多いからです。

 

例えば、友だちに誘われたけど気乗りしないランチの約束や、

本当はやりたくない仕事、みんなに合わせて愛想笑いをすること。

心の中では本当はやりたくないと思っていても、

付き合いやその場の雰囲気に合わせる事が

必要な場面って意外と多いものです。

 

 もちろん、社会人なら多少やりたくない事も

やらなければいけなかったり、愛想笑いが必要な場面もあります。

でも、仕方ないんだと全て諦めてしまうのは

自分の心にフタをしているのと同じです。

 

自分の気持ちに正直に、やりたくない事を

ひとつづつ手放して行くと生きるのがとても楽になります。

 

 例えば、本当はアロマが大好きで

アロママッサージの資格を取って自分の店を

やりたいと思っている人がいます。

 

でも、好きなことを仕事に出来る人なんてひと握りだとか、

失敗した時のことを考えてやる前から諦めてしまいます。

その結果、やりたくないけど安定している

今の仕事を辞めることが出来ないのです。

安定を手放すことはとても勇気がいります。

 

もちろん、突然安定を手放して賭けに出るのは無謀です。

安定の中にいながら、自分が本当にしたい事に敏感になり、

その姿を常に思い浮かべているだけでも状況は変わります。

 

そしてその姿に近づくための努力を惜しまないようにしましょう。

そして、最後はあなたの勇気が必要です。

ひとつづつ階段を上り、努力を積み重ねていった末に、

えいっ!と今ある安定を手放せる人だけが、

大好きなことを仕事にして生きていけるのです。

 

そのために、まず必要なのは

自分の気持ちに敏感でいることです。

 

人は、やりたくないけれど我慢してやっているうちに

やりたくないと感じている事すらわからなくなってしまいます。

 

自分が本当にしたい事は何か、どのように働き

どのように暮らしていきたいのか。

常に自分に問いかけ、イメージを膨らませる事が

やりたくない事をやめる第一歩です。