CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

コインチェックの顧客資産流出問題で投資は余剰資金で行うべきと強く感じた話

f:id:cnblg:20180119210401j:plain


最近話題のビットコイン

去年は驚くような値上がりを見せ、何億も稼いだ人もいるようですね。

そんな夢のような投資話に、仮想通貨への投資を考える人も増えたのが2017年だったのではないでしょうか。

かく言う私も、興味を持ち色々と調べた結果ビットコインを購入してしまいました。

しかも!流出問題が起こった2018年1月26日に!

なんてタイミングなんでしょう。

 

インチェックは記者会見で、

NEMが消失した経緯について説明を」との問いに以下のように回答しています。

「26日の午前3時にコインチェックのNEMアドレスから5億2300万NEMが送金されていた。検知した時点のレートは日本円にして580億円。午前11時25分にNEM残高が異常に減っていることを検知し、午後4時すぎに日本円を含む全ての通貨の出金を一時停止。ビットコイン以外の全ての通貨の売買も停止した。金融庁や警視庁に報告済みで、NEM財団やNEMを取り扱う国内外の取引所と連携して、売買停止の要請をしている」

 

この話からすると、私がビットコインを購入したのはまさにNEMが異常に減っていることが検知された頃です。

売買に関わるシステムには特に問題はなく、そんな異常事態が起こっているとは知らずに呑気に購入してしまいました。

 

1ヶ月ほど前からビットコインを買おうとネットで調べたり、コインチェックに登録したりしていたのですが、なかなか入金までには至っておらず様子を見ていたのに、なぜこのタイミングで購入に踏み切ったのか自分でも不思議です。

 

でも、今回の件で学んだことは多くありました。

その話についてまとめてみました。

 

投資を余剰資金で行うことの大切さ

 

この問題が公になってから、コインチェックのチャットには多くの書き込みがありました。中には社長を罵倒し脅すような言葉も見受けられました。

みんな、お金がなくなってしまったことへのショックで気が動転し、腹が立ち、いても立ってもいられないようです。

本当かどうかは分かりませんが、中には借金をして投資に回していたと言うような書き込みまで見られました。

 

こうなってくると投資結果がその人の人生をどん底に突き落としてしまう可能性がでてきます。そんなヒヤヒヤした状況のなかで、人生を楽しむことができるでしょうか?

今回のようなことが起こると、心からの憎しみや後悔に苛まれ生活が一変してしまうのですから気が気ではないですよね。

 

チャットを見ていると同じように被害にあった方でも、「自己責任でしょ」「もう諦める」と言うような書き込みをする人もいました。

こういった方は、余剰資金で投資をしていたので今回のような非常事態が起こっても冷静に対応できているようでした。

諦められる金額で投資をしていたから、諦める事ができたのです。

 

私はかなり少額しかコインチェックには入金をしませんでした。

これくらいなら諦められるという金額にしておこうと思ったのです。

そんな金額ではリターンもたかが知れていますが、私にとれるリスクはそれだけだったのです。

 

その結果、今回の件をニュースで見ても全く同様せず、むしろ人ごとのように静観することができました。

お金がなくなるかもしれないことに不安になったり、イライラしたりする事もなく普段通りに過ごせたのです。

 

もちろん国債や貯蓄型投資信託などでは話は変わってきますが、値動きの激しい仮想通貨では無くなっても諦められるお金で投資する事が大切だと感じました。

 

投資をする前にしっかり調べる事の大切さ

 

当たり前のことですが、大切なお金を投資する対象についてしっかり調べる事が大切だと痛感しました。

私はなんだかよく分からないのに、ビットコインを買いました。この仮想通貨ブームの中、そんな人も結構多いのではないかと思います。

 

私の場合は、ビットコインについてネットで調べてなんとなく仮想通貨について知った気になっていましたし、チャートを数週間見て購入するに至りました。

しかし、こうなってみて自分が知らない事がたくさんあったんだなと考えさせられました。

 

仮想通貨にもたくさんの種類があります。それはコインチェックに登録した時に他の通貨のチャートも見れたので分かっていましたが、今回の件ではそれぞれの通貨にこれほどのお金が動いているんだということに改めて驚かされました。

NEMという聞いたこともない通貨にこれだけ多くの人が投資し、貯金のほとんどを投入している人もいるのだと言うことに自分の仮想通貨への無知さ、その知識で投資に踏み切った事の危うさに気付かされました。

 

また、取引する会社についても同じです。

インチェックについて私はほとんど知りませんでした。有名な芸能人がCM出ていることで知名度のある会社だと安易に考え、ネットでのオススメの取引所としての評価を信じ、他社との比較はほとんどせずにコインチェックに登録したのです。

 

その結果、今回のニュースで初めて非上場企業であることや、社長の名前や年齢など本当に基本的なことを知りました。

 

こんなに無知なまま大切なお金を安易に預けてしまったのですから、自己責任と言われても仕方のないことでしょう。

今後はもう少し自分で知る努力が必要だと感じ、本当に勉強になりました。

 

 

結果的に、コインチェックはNEMを失った人へJPYで返す事を発表し、ひとまず落ち着いています。しかし、返すといっても膨大な金額ですし、今後コインチェックがどうなっていくのかはわかりません。

私のビットコインもこの先どうなるのかはまだ分かりませんが、しばらくは保有を続け様子を見て行こうと思っています。