CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

話すスピードで印象は変わる。なによりも自分のペースを守ることが大切

話すスピードが早い人にどんな印象をうけますか?

せっかち、気が強そう?

それとも、頭が良さそう、元気そうという印象でしょうか。

 

反対に話すスピードがゆっくりだと、優しそう、おおらか。

落ち着いていて安心感があるという印象を受けますね。

 

このように話すスピードだけで人に与える印象はある程度決まってしまいます

これは裏を返すと、話すスピードで相手に与える印象を変えることができるということです。

 

例えば、好きな相手と食事に行くなら優しそうな印象で安心感を与えるよう、ゆっくりとしたスピードで話すのが効果的です。

異性を好きになるポイントに話し方を挙げる人は多いですよね。

 

実際に多くのアイドルや癒し系と言われるような女性タレントはゆっくりとした話し方で可愛らしく、ふんわりとした女性らしい印象を与えます。

 

例えば、綾瀬はるかさんはゆっくりとした可愛らしい話し方で男女ともに好感度が高い女優です。マイペースに話す彼女は、おっとりとした優しいイメージがありますよね。

また、デヴィ夫人はゆったりとした話し方で堂々とした優雅な雰囲気を漂わせています。お怒りになられている場面も見かけますが、話すスピードは変わらずいつもとてもゆったりとしていますよね。社交界で活躍されていたデヴィ夫人ならではの上品な話し方です。

 

男性でも俳優やモデルなどは聞き心地のいい声のトーンで落ち着いたペースを守りながらゆっくりと話しています。

たとえば昭和の名優・高倉健さんは、落ち着いた声でゆっくりと話される印象が強い方の1人ではないでしょうか。何事にも動じない男らしさや貫禄がにじみ出て、怒っていても声を荒げるところなど想像できないです。

 

このように性別を問わずゆったりと話すことは相手に与える印象を良いものにする為のとても大きな要素になっているのです。

 

だからと言って早口が悪いわけではありません。

例えば、早口で話すことでお笑い芸人は元気よさを感じさせます。テンポよく話すことで笑いを誘い、場を盛り上げてくれますよね。

また、政治家は早口でキレのいい話し方で頭の良さを印象づけます。選挙演説は間をとって聴きやすくなるよう注意しながらも、スピード感のある話し方で説得力を上げています。

ディスカッションのように討論する場などでは、少しスピードを上げて話すのも1つの手法になってくるのです。

このように、自分が相手にどんな印象を与えたいかで話し方を意識するのはとても効果的なのです。

 

自分が話せるスピードを超えない

1番気をつけないといけないことは、自分の話せるスピードを知ることです。

たまに見かけますが、自分の話せるスピードを超えて猛スピードで話をする人がいます。こういう人と接すると聞いているだけで疲れてしまうものです。

早口で話すあまり、滑舌が悪くなったり、息が上がっていたり、聞き取りにくくなるようならそれは自分の話せるスピードを超えた話し方ですので注意しましょう。

 話すスピードを速くして説得力を出すどころか、ただのせっかちな人という印象になってしまいます。

さらに自分が話せるスピードを超えて話しているときは、たいてい自分ばかり話して相手の話を聞けていないものです。

自分が話しやすい速度で話すことで相手の話に耳を傾ける余裕も出てくるのです。

相手に不快感を与えないよう自分が話しやすい速度は必ず守りましょう

 

感情が高ぶっている時は要注意

話すスピードは誰でもいつも一定ではないですよね。

特に怒っている時は話すスピードが早くなりがちです。

それとともに声のボリュームも大きくなって感情を爆発させるような話し方になってしまいます。

そんな話し方では、相手までイライラさせてしまい余計に事態が悪くなります。

怒っている時でも話し方を感情に任せてしまわない事で、相手に不快感を与えないばかりか自分の感情を落ち着かせる事もできます。

感情的な話し方になっていることに気付いたら1度深呼吸して話すスピードを少し遅くするように心がけてみましょう。

 

相手が感情的になっている時も同じです。

相手が感情を爆発させて猛スピードで話していると、ついついこちらもイライラして話すスピードが早くなってしまいがちです。

ここで相手のペースにつられて売り言葉に買い言葉になってしまわないように、ゆったりとしたペースで話す事で余計な一言を言わずに済みます。

誰でも感情的になって、本当は思っていないようなひどいことを相手に言ってしまった経験はありますよね。

落ち着いて振り返るとなんであんなひどいことを言ってしまったのだろうと後悔するような内容でも、1度口から出てしまった言葉はもう言わなかった事にはできません。

 ゆっくり話すことでこういう失敗も避けることができます。

話すスピードをコントロールすることは感情をコントロールするのにも役立つのです。

 

話し方を意識するだけであなたの印象はぐっと良くなりますよ。