CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

大掃除のコツは?ポイントを押さえて簡単に

f:id:cnblg:20180119221415j:plain

大掃除って大変!?

大掃除と言うとどうしても大変なイメージがありますよね。12月に入るとそろそろ始めなきゃなぁと思いながら、ついつい後回しにしてしまって気づいたら大晦日!なんて人も多いのではないでしょうか?

大掃除が何故そんなに大変かといえば、やはり大掃除と言われるとついつい気合いが入ってしまって普段は見向きもしないような場所までピカピカにしようと張り切ってしまいがちだからですよね。

今年はあまり張り切りすぎて途中で挫折してしまい、なんだか中途半端な部屋と気持ちで新年を迎えることにならないようにポイントを押さえて簡単に大掃除を済ませてしまいませんか?

 

普段の掃除はどれくらい行き届いていますか?

大掃除とは言っても、やはり普段のお掃除が行き届いているか否かで大変さは変わってきます。普段からお風呂やガス台を使うたびにささっとお掃除をされている方は、大掃除だからと言って特別な事をしなくてもそれ程汚れも溜まっていなく大掃除も楽に終わらせる事ができますよね。そして、普段からお掃除に慣れていますので、効率のよいお掃除の仕方もわかっていて作業もはやいのです。

反対に普段あまりお掃除をしない、または苦手な方は汚れが溜まっているためクレンザーが必要だったりつけ置きが必要だったり、何かと手間と時間がかかります。その上お掃除に慣れていないので効率が悪く、段取りを考えずに色々な箇所に手をつけてしまいがちです。

そういう方は大掃除をもう少し気楽に捉えて取り組んでみてはいかかでしょうか。大掃除だからと意気込んで家中を1つ残らずピカピカにしようと思わずに、絶対綺麗にしたいポイントを押さえてお掃除に取りかかりましょう。

家族が気持ちよく新年を迎えられるように家が整っていれば大掃除は大成功なのです。ですので、気にならないところはこの際大掃除リストから外して、普段から気になっているのになかなかお掃除が出来ていない場所に絞って大掃除をスタートしましょう。

 

掃除を始める前は闇雲に始めずにまずは、大掃除したい場所をリストアップしましょう。絶対に綺麗にしたい場所に絞ってしまう事をオススメします。リストをやり終えて余裕があれば他のところもお掃除できますから欲張らずに。

押さえたい大掃除ポイント

玄関…いらない靴を処分し、掃き掃除

トイレ…窓枠や埃のたまりやすいところも拭きましょう

お風呂…パッキンのカビをとったり、普段できないところも念入りに

キッキン…賞味期限切れの食材を捨て、換気扇の掃除を。冷蔵庫などの家電も拭く

高いところのホコリ…電気の上や棚の上も綺麗に、落としたホコリは掃除機をかける

窓…外側からも拭いてピカピカに

布団…いつも通りのお手入れで

 

トイレやお風呂、キッキンなどの水回りはしっかり綺麗にしたいですね。1つ1つの場所にもポイントを設け、「ガス台はピカピカにする」など目標を立てると達成感があり、終わりも見極めやすくやる気が出てきますよ。

それ以外の場所はそれほど時間をかけずサッと仕上げましょう。一箇所集中型にするだけで大掃除にかかる手間も時間もかなり短縮できます。トイレやお風呂は子供に任せてみるのも1つの手ですよね。

案外張り切って手伝ってくれますし、子供たちにお掃除する習慣を身につけてもらういい機会になりますよ。でも、子供にお願いするときは仕上がりにかかわらずしっかり褒めてあげて下さいね。

 普段は後回しにしがちな窓の汚れや部屋のホコリも落としましょう。綺麗になると心もすっきりし達成感も得られます。リビングや寝室はホコリを落として窓を磨くだけでとても清々しい気持ちになれます。

 

大きな作業は大掃除とは別の日に!

ウォークインクローゼットの中を引っ張り出して取り出しやすくしようとか、棚の位置を変えてみようなど、大かがりなことを始めると収拾がつかなくなり大掃除が終わらないまま新年を迎えることになりやすいです。

そういう事は大掃除ではなく、断捨離や模様替えです。大掃除のくくりに入れてしまわず新年のやりたい事リストに入れて、新しい年にチャレンジしてみてはいかかでしょうか。

 

みなさんもポイントを押さえたかんたん大掃除で大掃除は30日までに終わらせて、年末はゆっくり年越しを迎えて下さい。