CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

LINEが負担になるのは余計な事を気にしすぎるから

f:id:cnblg:20180119210210j:plain

LINEでトークをしているとき、いつも仲のいい友達なのに、

「あれ?なんか反応が変かも…」

「私嫌われてる?」

と不安になった経験はありませんか?

 

きっかけは、「グループでトークをしていて自分の後に誰も返事をしない時間が続いた」とか、「絵文字がなくそっけなく感じる」など、本当にささいなことです。

でも、一度気にし始めるとどんどん思考は悪い方へと向かってしまい、どこが悪かったのかトークを遡って読み返したりネガティヴな考えから抜け出せないようになります。

 

でも、ほとんどの場合はただの考えすぎで相手はなんとも思っていないため、少し待っていたら拍子抜けするような返事が返ってきたりしませんか?

それなのに、一人でハラハラして、早く返事をしない相手に腹を立てたりショックを受けたり、疲れてしまいますね。

 

せっかく便利にコミュニケーションが取れるツールがあるのに余計なことばかり気にしていてはもったいないです。もっとLINEを楽しく利用して友達や彼との関係をより良いものにしていきましょう。

 

どうしてもLINEの返事が気になる時は、次のことを意識すると不安にならずに返事をまた時間も有効に使えます。 

 

いちいち見返さない

LINEを送った後相手からの返事が思ったより遅い時、自分が送った内容が変じゃないかな?相手に悪く思われてないかな?と気にするあまり、何度も送信済みのトークを見返すのはやめましょう。

不安な気持ちで読み返すとごくごく普通の文章さえも「これ、ダメだったかな」「こんな風に送らなきゃよかったかな」と思えてくるもの。きちんと考えて送ったのであれば、送信した後はケータイを目につかない場所に置いて別のことをするようにしてみて。

始めは相手からの返事が気になってケータイを手に取りたくなるかもしれませんが、ケータイは着信音があった時だけ見ると決めてしまいしょう。少しずつ気にならなくなります。

 

絵文字を多用しない

相手の目を気にするあまり絵文字を多用してしまう人がいます。もちろんあなたが若くて、とにかくLINEが楽しくて、絵文字だってたくさん使って可愛くしたい!というならそれはOK。使いたくて使う楽しい絵文字なら2、3個並んでいたって全く問題はないのです。

それとは違って、「相手に悪く思われないように」「無愛想に見えないように」と気を使って絵文字を使うのはやめてみて。不安から絵文字を多用する人は「。」で文章を終わらせる事に抵抗がありますが、普通の文章や長文を送るときに全ての文の終わりに絵文字を使う必要なんてありません。

また、絵文字を多用する人は相手の文章の絵文字にも勝手に意味をみつけて不安になったりしやすいので、深読みせずにシンプルなLINEに慣れてみて下さい。

 

グループLINEが盛り上がっていても途中で抜けてもいい

グループでLINEをしているとどんどん話が盛り上がって、返事を書いていても次々と話が進んでしまうことありませんか?

盛り上がっているのに、場違いなことを言ってしまったらどうしようと不安になって読み返しているうちに、話がどんどん進んでしまってスピードについていけない。そんな時は、思い切ってトークから離脱してみて。

無理にみんなのスピードに合わせず、トークの行方を見守るのもよし、後で見ようとケータイから離れるもよし。みんなに合わせて同じようにする必要なんてないんです。

 

既読スルーなんて気にしない

既読スルーという言葉がこれほど定着しているのは、既読スルーを気にする人がすごく多いからですよね。でもよく考えれば、メールが主流だった頃は当たり前だった「読んだけど後で返そうという」考えが、既読がつくだけで許されない風潮になっていることの方がおかしいんです。

私の周りにも、それまでポンポンとテンポよくやり取りをしていたのに、既読がついて10分も返事がない!と憤慨していた人がいます。自分のLINEを読んだのに後回しにされた事で、自分を軽く見られていると感じたんですね。でも、もちろん相手はそんなつもりはありません。突然怒り出した相手に驚いたことでしょう。

既読をつけたらすぐに返さないといけないなんて、あまりにも窮屈ですよね。既読自体はとても便利な機能です。あまり既読にふりまわされず、「既読がついたけどまだ今は返事する時間の余裕がないんだな」と気軽に捉えて気にしないのが1番です。

 

 ケータイばかり触らない

ケータイがどんどん便利なツールになって、常にケータイを手元に置いている人も多いですよね。その分ケータイに依存した生活になっている人も多いはず。

少しずつケータイを触らない時間を増やして 、もっと別のことに時間を使ってみて。目標はもし家にケータイを忘れてしまっても1日過ごせるようになること。

常に人と連絡が取れることは便利ですが、それにしばられて「まだ返事がこない」とケータイばかり見ていてはもったいないですよね。ケータイにばかり気を取られず、目の前の事に集中して自分の時間を大切にしたいですね。

 

自分の発言に自信を持つ

今言ったことマズかったかな?なんていちいち気にせず自然体でLINEを楽しみましょう。大切な友達や家族、恋人なら、あなたの発言にいちいち腹を立てたり、些細なことで嫌いになんてなりません。何事も楽しむコツは自分に自信をもつことです。

 

LINEは、顔が見えないコミュニケーション手段です。それに加え、グループでコミュニケーションが取れるようになったり、チャット感覚でスムーズな会話ができるようになったり、便利になった反面相手の思いが読み取れず不安になることも。

でも、信頼できる相手がたった少しの誤解であなたを嫌いになったりはしません。万が一相手を不快にさせてしまったとしても、話し合えば誤解は解けこれまで通りの関係が続きます。相手の反応を気にしすぎずに、相手を信じて思いやりをもったコミュニケーションを心がけましょう。