CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

婚活に疲れたら結婚しない選択も考えてみる

人生には不安がつきものです。

特に大人になるとこの先の人生について、色々な不安が次から次へと沸いてきます。

こと結婚となると、

「この先誰か素敵な人に出会えるのかな」

「幸せな家庭を築けるのかな」

「このまま結婚できずにずっと1人なんじゃないかな」

「自分は親になれないんじゃないかな」

と不安は尽きません。

 

30代になると周りの友達はどんどん結婚して、子供を産んで、自分の家族を作っています。それなのに自分だけ時間が止まっているようで、置いていかれているような孤独感に押しつぶされそうな気持ちになる事もあるでしょう。

 

仕事で成功している方は経済的に余裕があり結婚にそれほど魅力を感じない場合もありますが、まだまだ日本は男性社会。仕事だって大したキャリアが無くて、やってる事は若い子と変わらないのに、年数だけいるから先輩と呼ばれる微妙なポジションなんて言う人もおおいのではないでしょうか。

そんな現実が重なると、なんで皆んなと同じように30年生きてきたのに私には何もないんだろうって虚しくなりますよね。

 

でも、大人だから平気なふりをしなくちゃいけない。

「私はまだ、結婚はいいかな」とか、「子供なんて私には無理だよー。自分のことで精一杯!」なんて強がって見せないと周りが気を使うのもわかっています。

同じ境遇の友達とは、結婚できるかな、子供はうめるのかなって不安ばかり話しているのに、幸せそうな人には平気なふりをしてしまう自分も嫌い。

 

とにかく出会いを!と婚活に精を出してみても、一向にいい人には巡り会えず、婚活自体に疲れてしまう始末。そんなことが繰り返されると、もう人を好きになるのは無理なんじゃないかとさえ思えてきますよね。

30を過ぎて出会いを見つけるとなると、その先の結婚だってもちろん意識する。そうなると、初対面なのにお互いにジャッジし合って減点法で見てしまうし、いいかなと思った人は、遊び目的だったなんてこともちらほら。そうなると、連絡を取りながらも警戒しなくてはいけないし、条件だってもちろん大事。

 

なんだか恋愛がどんどん厄介なものになってしまって、簡単に恋に落ちるなんてできない。若い頃は、出会いなんてどこにでも転がっていて、すぐに人を好きになれて、彼だってすぐにできたのに。今はお金を払って出会いを買っても、いいなと思える人には出会えない。

そりゃ、お見合いパーティーで出会った人と結婚出来た人もいるんだろうけど、そんなのはほんのひと握りなんじゃないかな。婚活がんばっても全然ダメで、もういいや、もうこんなにしんどいなら1人でいいやって思った事ある人って多いはず。

それで、しばらく婚活から遠ざかって、でもしばらくしたらやっぱり動かなきゃって頑張って婚活再開する。その繰り返しなんじゃないでしょうか。

 

 そもそも、結婚しているのが当たり前で、結婚していない人は出来ない人っていう、勝ち組負け組みたいな考え方が30過ぎてからの恋愛をより難しくしています。

誰だって負け組にはなりたくない。だから、まずは好きになって恋愛してっていう当たり前のプロセスをぶっ飛ばして、突然結婚相手を探そうとする。好きにもなっていないのに、条件がいいから食事に行ったって気分は乗らないし、結婚どころか恋愛だって出来ないのに。

 

この間、36歳の男性と話をした時に、同じ年の女性は恋愛対象としてありかなしかを聞いて見たら、全然ありとの事でした。ただ、結婚を考えると無いというのが現実。35歳を過ぎると子供を産むのが難しくなるからと言うのが理由でした。

 

最近では男性不妊だって多いのに、女性だけに期限があると思っているのはおかしいけれど、現実はまだまだそんなもの。

子供がいない夫婦を、そういう選択をした夫婦って捉えるのではなく、「あの夫婦は子供ができなかったのね、可哀想ね」と見るような社会だから、結婚したら子供を授かるというのがセットになっていて、それが女性に期限をつけているんです。

 

結婚相談所ですら、女性は35歳をすぎると一気に相手探しが難しくなって、高いお金を払っているのに、条件を下げてくださいと言われることも多いようです。いくら条件に合った人を紹介されても、若い頃にしていた普通に好きになって付き合ってっていう恋愛とは程遠く、好きになろうと努力している。好きって気持ちがないとなかなか割り切った条件での付き合いは難しいのに、条件を下げて好きるのはかなり難しいですよね。もちろん、そのなかで相手を見つけられる人もいるし、気持ちが後から付いてくる人もいますが、それが出来ずに婚活しながら悩んでいる人はすごく多いです。

 

 

私の周りにも婚活に悩む友達はたくさんいます。そんなみんなの願いは、普通でいいから、普通に付き合える彼が欲しいってこと。条件なんて、本当はどうでもいい。好きになれるなら、共働きだって頑張る!って思ってる子が多いんです。

でも、そんな普通を望むのが1番難しくて、重ねていく年齢にだんだんと諦めを強いられています。

結婚してる友だちは、「年取って理想が高くなってるんでしょ?」とか言うけど全然そんなことはない。普通に好きになれて、普通に好きになってくれるなら条件なんてどうでもいい、でも普通に好きになれる人がいないから条件でいいかなって思える人をなんとか見つけようと頑張っているだけ。

 

婚活しなくて後悔するなら、結果はどうあれやってみる方がいいとは思う。ただ、やってみて疲れたら、また頑張ろうって思えるまで自分の生活を目一杯楽しんで欲しい。誰かを好きになれない自分に問題があるなんて考えないで。

 

結婚しなかったら、それはそれでいい。

結婚してないからこそできることだって沢山あるから。