CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

電車内のマナー違反ランキング 田舎と都会で違いは?

f:id:cnblg:20180120064451j:plain

毎朝、毎晩電車に乗っていると、本当に色んな人を見かけます。皆さんも、通勤、通学などで見かける、「気になるマナー違反」あるんじゃないでしょうか?マナー違反とは言っても、気になるか気にならないかは人それぞれ。これは許せるというものから、イライラ気になって仕方ないものまで、今日はマナーについて考えてみようと思います。

 

まずは、世間の皆さんが気になっている電車内のマナー違反を見てましょう。日本民営鉄道協会が実施している「駅と電車内の迷惑行為ランキング」2016年度のランキングは以下の通りです。

 

1位 騒々しい会話、はしゃぎまわり等 33.8%

2位 歩きながらの携帯電話、スマートフォンの操作 30.6%

3位 座席の座り方 29.6%

4位 乗降時のマナー 27.3%

4位 荷物の持ち方、置き方 27.3%

 

最近問題になっている、歩きスマホが2位に入っていますね。歩きスマホは視界が極端に狭くなってしまうため、足を踏み外しホームから線路に転落してしまう恐れもあり大変危険です。最近では歩きスマホが原因の死亡事故まで起こっています。迷惑行為と言うよりはご自身の命を危険にさらす行為ですので、移動中のスマホは自粛したいですね。また事故によって電車が遅れ、遅延に巻き込まれてしまった人達にとっては迷惑でしょうし、事故にならなくても人とぶつかりそうになったり大勢の人が行き来するなかで視界が狭まるのは大変危険です。スマホは立ち止まって操作したいですね。

男女別のランキングも発表されていますが、5位以内にランクインしている項目は変わらず、順位が少し前後するだけで男女ともに大きな違いはありませんでした。

 

個人的には、このランキングで5位以内に入っている項目の中では、1位の騒々しい会話以外はそんなに気にならないなと感じました。最近ではケータイで音楽も聴けますし、気になる時はイヤホンを付けて音楽やラジオを聞くようにしています。あまりに大きな声はやはり迷惑ですので、行楽へ向かう楽しみな道のりであったとしても周りへの配慮は忘れず、声のボリュームは抑えるようにした方がいいですね。

 

また田舎ではあまり混雑することがなく、混雑する車内では気になるマナー違反がそれ程気にならないという傾向もあります。もちろん田舎にも荷物の置き方や、座り方のマナーが悪い人はいますが、他にも座席が空いているとそれが問題になる場面自体が少ないのです。

 

田舎ならではの迷惑行為としては以下のようなものが考えられます。

 

1.靴を脱いだ足を向かいの座席に上げてくつろぐ

2.騒音、大きな声

3..化粧をする

4.手動のドアを閉めない

5.お酒を飲む

 

1の「靴を脱いだ足を向かいの座席に上げてくつろぐ」は、帰宅時間によく見られます。4人掛けの座席を占領し、まるで自宅のリビングにいるかのようにくつろぐ行為です。見かけるのはほとんどが男性ですが、特に仕事帰りのサラリーマンや学生風の人に多いです。毎日、通勤や通学に電車を使っていて、帰宅中の車内がまるで家であるかのようにくつろげる様になってしまったんでしょう。慣れは怖いものです。疲れて足を上げたい気持ちは分かりますが、公共の場では我慢していただきたいですね。一日中履いたであろう靴を脱いで靴下で座席に足を上げられると、近くで息をするだけでも気持ち悪いものです。

 

 2の騒音、大きな声の場合は1とは逆に普段電車に乗っていない様な人に多いです。友だち同士で買い物に出かけるとか、家族で観光にでかけるという雰囲気の団体。とくに中年の女性の集団は声が大きい傾向が強いです。朝の通勤時間に大声で喋っていても周りが見えていない様子ですが、普段通勤時間の電車がどれほど静かなのかを知らないのでしょう。これは、仕方ない部分もあるのですがやはり公共の場ですので、声のボリュームはもう少し気にされた方がいいですよね。

 

3の化粧をする。これは本当に不快です。都会であれば混雑していて化粧をするのは難しいかと思いますが、田舎では本当にフルメイクを車内で仕上げてしまう人がいます。リップやマスカラ程度ならまだしも、下地からポイントメイクまで全てを車内で済ませてしまうのです。田舎から通勤や通学をしている女性にとっては、乗車時間が長く、絶対に座れると分かっているからできる時短なのでしょう。かなり慣れた手つきで膝を机にメイクを仕上げていきます。カチャカチャとうるさいですし、粉をパタパタされると周りにまで飛んで来くるので本当に迷惑な行為です。中にはネイルを塗るような常識知らずまで。女性としても恥ずかしいですし、もう少し早く起きて自宅で身なりは整えてから出るようにすべきですね。

 

4の手動のドアを閉めないは田舎ならではでしょう。田舎では、あまり降りる人がいない駅に数分間停車するときは電車のドアが手動になる事があります。なので、閉まっているドアを開けて入って来たのに、閉めずに座席に向かう人にイライラとしてしまうのです。特に冬場は外気が入って来てすごく寒いため、きっと中に乗っている誰もが、閉めずに入ってきた方に対して心の中で怒っているはず。田舎の電車に慣れていない場合はよくわからないため仕方のない場合もありますが。

 

5のお酒を飲むも、1と同じく帰宅時間に多く見られます。缶ビールや缶チューハイを普通の電車で飲むのは流石にマナー違反です。新幹線ならまだしも、在来線では控えた方がいいでしょう。中にはおつまみまで食べる強者も。

 

と、都会のマナー違反とは少し異なるモノもあります。とはいえ都会も田舎も他人が狭い車内で同じ時間を過ごすのですから、どうしても気になる事は出てきます。このご時世、マナー違反を注意してトラブルに巻き込まれては怖いですし、イライラしないためには寝てしまうか、イヤホンをつけて目をつむっていることが1番です。

そして、人それぞれ気になるマナー違反は違うので、知らないうちに自分自身も誰かのマナー違反になっていないか気をつけたいものですね。