CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

なぜシンプルライフやミニマリストに惹かれるの?

 

シンプルライフが人気の訳は?

最近、シンプルライフミニマリストという言葉を本当によく耳にします。

生活や考え方がシンプルであることを目指し、実際にライフスタイルとして取り入れている人も沢山いますよね。

とくに断捨離が注目されてからはブームが加速し、本屋に行けば「捨てる!」という内容の本がたくさん並んでいますし、雑誌やテレビの特集も頻繁に見かけるようになりました。

それほど多くの人がシンプルな暮らしに魅力を感じるのは何故なのでしょうか?

 その理由を探ってみたいと思います。

 

モノが多くて疲れていたから

単純に物がごちゃごちゃした環境に疲れを感じていたというのが一番の理由ではないでしょうか?

昔は、物が少なかったので使える物はなんでも大切に使い、すぐにものを捨てたりはしないのにスッキリと暮らしていたはずです。

もちろん貧しさもあったのでしょうが、1つのものを最後まで大切に使い簡単に新しいものを買うことをしませんでした。

ところが今はどうでしょうか?

着れる服があるのに季節が変わったからと服を買い足したり、十分モノが足りているのにもかかわらず安易にモノを増やしています。

その結果必要以上のモノを抱え込むようになってしまったのです。

昔は少ないものでやりくりして、必要になれば買うというスタイルだったのに、今ではモノが溢れてゴチャゴチャした生活を送っているのですから、物に囲まれて疲れてしまい、「捨てたい!」という願望が湧き出でくるのもうなずけますよね。

 

洋服をボロボロになるまで着ていた昔の人は、新しい洋服に買い替えたときどんな気持ちだったでしょう。新しい洋服をみんなに見てもらいたくて、街中を歩きまわってしまうくらい嬉しかったんじゃないかなぁと想像してしまいます。

今はモノが溢れてしまった事で、こんな風にモノを大切にしたり、モノに愛着を持ったりする気持ちが薄れてしまっていますよね。

その結果、たくさんの物を持っているのにそれでは満足できず、次々と新しいモノを買うようになってしまったのかもしれません。

これではモノは増える一方です。 それなのに、まだ使えるのに捨てるという事には抵抗がある人が多いのです。

簡単に買うようになったのに捨てない。これでは、モノが溢れてごちゃごちゃするのは当然です。

 

モノが発する気配

モノには気配があります。例えばパーティの飾り付け。ポップでカラフルな飾り付けなら楽しい雰囲気を感じますし、シックな飾り付けなら落ち着いた雰囲気を感じますよね。音や声を出さなくても、モノが発する気配を人はしっかりと受け取っているんです。

ですのであまりに色々なモノが周りに溢れていると、モノが発する気配がごちゃまぜになり、それが人を落ち着かなくさせます。

部屋がゴチャゴチャしていると勉強や仕事に集中できなかったり、イライラしやすくなったりしますよね。これは、物に囲まれて心が落ち着かないから起こることなのです。

モノを減らして見た目をスッキリさせるという事は、モノの気配をスッキリさせ、心がリラックスできる空間に変えるということなのです。

 

原点回帰

 もともと1つのものを大切にし、ボロボロになるまで使っていた私たちにとってまだ使えるものまで捨てるのはどうしてももったいない事だと感じてしまいます。

でも、断捨離がブームになってまだ使えるものでも捨ててもいいんだ!と教えられた事で、もともと持っていた必要なものだけしかない、スッキリした空間に戻りたいという気持ちが生まれ、それが私たちをシンプルな生活へと向かわせたのでしょう。

そもそも、人は必要最低限のものしか持たずに生きてきたはずです。その方が身軽で、すぐに行動でき、心も落ち着くことを本能的に知っているのです。

豊かになって、なんとなくモノが増え、ものに溢れているのが当然になってしまっていただけで、本当は何もないシンとした空間に心地よさを感じるものなのです。

だから、これほどシンプルやミニマリストに魅了されるのでしょう。

 

もったいないというのは、とても大切な感覚です。これからは、もったいないから捨てないのではなく、もったいないから買わないと考えると必要以上にモノを抱えることなく、シンプルに生きていけるのではないかと思います。