CNblog

30歳からのお金のこと、美容のこと、人生のこと。女性として輝くために大切なこと。

引き寄せの法則 願えば叶うって本当?

願った事を引き寄せる力、信じていますか?

「思った通りの未来を引き寄せる」そんなことが出来たら、人生は確実に素晴らしいものになりますよね。でも、結論から言うと、わたしは信じています。

それはこんなエピソードがあったから。

私の親しくしている友人に、不妊治療の末に子供を授かった方がいます。その方がまだ不妊治療をしている頃の出来ごとです。

不妊治療をしている方は、子供ができなかったらどうしよう、今月こそは赤ちゃんができて欲しい、子供を授かるために出来ることはないか、みんな必死ですよね。

私も、治療はしていなかったのですが子供が欲しくてもできない時期があり気持ちはすごく分かります。実際治療をしている方は金銭的にも負担があり、痛みに耐えながらの妊活。さらに精神的な負担は大きいのだろうと思います。

でも、彼女は不妊治療にビックリするほど気楽に取り組んでいて、本当にさらっとこう言いました。

「私、人生で大切な願いは必ず叶って来ているから、赤ちゃんも出来るって思ってるんだ」

この言葉を聞いて、このマインドが願いを現実に引き寄せているんだなと直感的に感じました。実際に彼女は、子供も授かり、人生を左右する様な大事な願いは全て叶えています。

そんな彼女から学んだ、願いを引き寄せるためのちょっとしたコツをまとめてみたいと思います。

f:id:cnblg:20180118233822j:plain

 

願いを現実に引き寄せるための6つの条件

* 願いは叶うと心から信じていること

願いを引き寄せる人は、願いはいつか叶うと信じているので焦りがありません。反対に本当に叶えられるだろうかと心配な人は、不安と期待からグルグルその事ばかり考えてしまうものです。

心から信じていると、安心してその時を待てるので、心が不安定になることがありません。その安定した精神が、正しい判断を自然と引き寄せているんです。願いは、突然現実にポンと現れるのではないんです。日々の生活で、気づかずに選択している色々な判断が現実を作っています。心の安定は正しい判断をする上でとても重要です。心から信じていると、穏やかに毎日を送れるようになり、それが願いを引き寄せる力になります。過度な不安は判断力を鈍らせます。心穏やかにその時を待ちましょう。

 

*人と比べないこと

必ず叶うと信じていても、それがどれくらい先に叶うのかは誰にも分かりません。同じ望みを持つ仲間が先に望みを叶えることだってもちろんあります。そんな時に、もしかしたら自分は望みが叶わないかも知れないという不安があると、仲間の幸せを心から喜ぶことができません。悲しいことですが心がモヤモヤして、願いを叶えた仲間と接するのが辛くなってしまい、しばらく距離を置きたいと疎遠になったりしてしまう人もいるのです。

自分には、自分にとって1番いいタイミングで願いが叶うんだと信じていると、仲間の幸せを心から祝福することができます。まずは、自分を信じること、人と比べないこと。これがとても重要です。

 

*落ち込んでもいい

どれだけ前向きな人にでも、辛いことや悲しいことは起こります。でも、引き寄せの力を持っている人は、その感情に飲み込まれることはありません。なぜなら、生きていれば辛いことや悲しいことが起こるのは当たり前だと知っているから。むやみにその気持ちに抵抗することはしないんです。本当にすべきことは、今私は辛いんだと自分の気持ちをしっかり受け止めて、これからどうすべきかを判断すること。判断すれば、やるべき事が見えるのであとは行動するのみ。悲しんでばかりいることは出来ないんです。ずっと辛い思いに支配されてしまう人は、そこから抜け出すために何をすべきかを具体的に考えるようにしてみて。辛い気持ちから逃れようとただもがいているだけでは解決策は見えません。つらい出来事にも立ち向かう勇気をもちましょう。その勇気さえあれば、乗り越えられない壁はありません。生きていれば誰にだって辛いことはあります。あなただけではないですよ。

 

*今を楽しむ

人は常に自分がもつ想像力に惑わされています。あの人は私を嫌っているんだわ、こんな事したら周りに変に思われるかな、と余計なことを考えたり、過去や未来について想像したりしますよね。楽しい想像はもちろんオッケー。今度の週末は何をしようとか、自分が思い描く未来を想像するのは楽しいものです。でも、不安ばかりが先行して、将来結婚できるのかな、老後はどうなるんだろうと思い悩むのはやめましょう。不安な気持ちからは正しい判断を導き出すのは難しいです。不安になるのは当然、でも今をどう生きるかが未来を作るんです。今を精一杯生きていれば、未来も自ずとついてきます。慣れないうちは、不安な想像が無意識に浮かんできたり、今していることとは別のことを考えていたりなかなか今に集中する事ができません。まずは、気づくことから始めてみてください。「あ、いま別のこと考えてた」と気付いたら、今に集中するように気持ちを切り替える。繰り返し意識していると、だんだんと頭の中だけどこかへ行ってしまう事はなくなります。

 

*ありのままの自分を認める

弱いところをさらけ出せる人は強いです。弱点がない人なんていない、弱さも含めて自分なんです。弱い人ほど、虚勢をはって自分を強く見せようとしてしまいがちです。本当に強い人は、弱いところを隠そうとしません。本当にさらっと、「私ってこうゆうところがダメだから」とみんなに話してしまいます。強いですよね。この強さは、ダメなところも含めて自分だと分かっているから生まれるもの。そして、ダメなところも含めて自分には価値があると分かっているから隠す必要がないんです。自分を認められない人は、人に対しては「弱いところがあったっていいよ」って寛容でいられるのに、自分には何故かとても厳しかったりします。もう少し、肩の力を抜いてありのままの自分を認めてあげてください。自分の弱点を認められるという事は、人生の選択を迫られたときにとても強い武器になります。

 

*感謝する

小さなことにも感謝できる人は、人生を幸せにする事ができます。同じ経験をしても、何も感じない人と感謝できる人、どちらが幸せかは言わなくても分かりますよね。引き寄せのパワーを持っている人は、周りの人にはもちろん、今おかれている状況にも常に感謝しています。例えば、専業主婦でいることについて「子供との時間を大切に出来るから、こんな風に過ごさせてもらって本当にありがたい」と幸せを感じます。仕事をしていたってそう。思っていたよりも大変な仕事を任された時だって「私にこんな仕事を任せてもらって、正直大変だけどなかなか出来ない経験だし、ありがたいことをさせてもらってる」と感謝できるんです。引き寄せられない人だったら、「子供しか話し相手がいなくて育児のストレスがたまる」「こんな大変な仕事をさせられて最悪!」と不満が湧いてきそうな場面でも、いつだって前向きなんです。つまりは、自分の捉え方次第。自分が不幸だと思ってしまえば、どんなハッピーな場面だって不幸です。視点を変えて感謝の気持ちを持ちましょう。

 

さて、色々書いてきましたが、引き寄せとは、願ったことが勝手に引き寄せられているマジックのようなものではなく、引き寄せられるマインドを持つことで知らない間に自分で引き寄せているということ。本人はそんなつもりはないので、なぜか願いが叶っちゃうとマジックのような話になるだけなんです。

願いを叶えるためには、まず願いを叶えられるマインドを作りましょう。心を健やかに、毎日を意思を持って丁寧に生きることが望みを叶えるのには不可欠です。